超音波骨折治療研究会

第21回

参加者/演者の皆様へ

参加者の皆様へ

1.参加受付

日 時:2018年1月20日(土)12:00~16:20(当日受付のみ)
場 所:品川インターシティーホール 1F ホワイエ

*単位取得が必要な方は、16時20分迄に受付をお願いいたします。
*単位取得が必要でない方は、受付時間を過ぎても入場可能です。

受付はホール1Fホワイエにて行います。受付にてご記名いただき、参加費1,000円を添えてお申込みください。領収証兼用のネームカードをお渡ししますので、所属・氏名をご記入のうえ、会場内では必ずご着用ください。

2.クローク

参加受付付近にクロークを設けておりますのでご利用ください。

3.日本整形外科学会教育研修単位

教育研修講演は、日本整形外科学会教育研修単位([1]整形外科基礎科学)が認められております。単位登録を希望される先生は、研究会参加費とは別に受講料(1単位:1,000円)を添えて、教育研修講演単位受付にてお申込みください。なお、単位登録には会員ICカードが必要ですのでご持参ください。会員ICカードをお忘れの場合は認定されませんのでご注意ください。

演者の皆様へ

1.口演時間

一般演題の発表時間は、口演7分、討論3分です。

2.口演終了の合図

発表時間終了1分前に黄ランプが、終了時に赤ランプが点灯します。発表時間の厳守をお願いいたします。

3.次演者

前の演者の先生が登壇されましたら、会場前方左側の次演者席にご着席ください。

4.発表形式

発表はPCプレゼンテーションのみとします。
発表時間の20分前を目処にPC受付をお願いいたします。

5.発表用データ作成要領

  1. 会場で使用するOSはWindows 7、Windows 8、アプリケーションはPowerPoint 2010、2013です。
  2. ※ Macintoshで作成されたデータでご発表される方はノートパソコンをご持参ください。
    (念のためバックアップ用のUSBデータもご持参ください。)

  3. 発表データは画像、動画にリンク切れが無いかをご確認の上、USBフラッシュメモリまたはDVD-R/CD-Rに保存してご持参ください。
  4. 画面レイアウトのバランス異常や文字化けを防ぐため、フォントはMS/MS Pゴシック、MS/MS P明朝、Times New Roman、Centuryをご使用ください。
  5. ご発表いただくデータの画面サイズはワイドスクリーン(16:9)です。XGA(1024×768ピクセル)などの4:3で作成いただいても投影は可能です。
    同一ファイル内では、画面のサイズを統一してください。(発表途中でサイズに変更がある場合、上下、左右が切れてしまう等の不具合が生じます。)
  6. 動画データが多い場合などは、動作確認のとれたノートパソコンをご持参ください。
  7. 当研究会は学究的な議論を行う場ではありますが、医薬品メーカーが共催している事を鑑み、日本製薬工業協会による通知「製薬協発第593号:自社医薬品に関する講演会等の内容について」に準じた対応とさせていただきます。つきましては、超音波骨折治療器を用いた臨床研究に関しては、データの提示にあたり以下についてご配慮のうえスライドのご作成をお願いいたします。
    1. 科学的根拠に基づくこと
      • データの引用元を示してください。(未発表データの場合も、in pressや自験例、未発表データなどと明示してください)
    2. 適応外使用(骨折治療以外を目的とした臨床使用)の推奨とならないこと
      • 適応外使用に該当するデータについて論じる際には、例えば「超音波骨折治療法の保険適用は四肢の骨折に対してであり、本データは保険適用外の使用となります」など、適応外であることを明示してください。
    3. 公正な情報となるように配慮すること
      • 製品名ではなく、一般的名称や薬効分類名で記載してください。
      • データ比較において変化率の違いを矢印で強調するなど、一方を極端に強調しないでください。

ノートパソコン持参の場合

  • Macintoshで作成されたデータ、または動画データが多い場合などは動作確認のとれたノートパソコンをご持参ください。念のためバックアップ用のUSBデータもご持参ください。
  • お持込みいただきますパソコンは、D-sub 15pinのモニタ出力が必要となります。この端子が無いパソコンをお持ちになる場合には、別途変換コネクタをご用意ください。
  • 内蔵バッテリーでのご発表はバッテリー切れになることがあります。必ず電源ケーブルをお持ちください。

発表データは、会場内のPCにコピーをさせていただきますが、研究会終了後に事務局が責任を持って削除いたします。